メンズ

効率よく利益を得るなら早めに買取り|収益物件で失敗しないコツ

経営に積極的に参加する

相談

空室を減らす工夫をする

空室を出さないために様々な工夫を行うことが、サブリースで賃貸経営を成功させるための大きなポイントです。そのためにはサブリース会社に経営を全て任せずに、大家が自ら進んで経営に参加することが求められます。大家ができる工夫は多くあります。転貸借を任せるサブリース会社を選ぶこともオーナーの裁量であり、工夫できる事柄です。不動産会社としてサブリースの実績があり、家賃見直しや家賃保証の内容にも問題がない所と契約を交わせれば理想的です。また家賃の設定はやはり大家が行うこともできます。周辺の賃貸物件の相場を考慮して、入居者に魅力的に映る物件を適正な価格で提供することです。空室を減らす工夫がうまくいけば、収益の増加と安定化が望めます。

家賃の減額設定にも注意

一括借り上げによる家賃保証など、大家にとって魅力も大きいサブリースですが、リスクもあるので注意を要します。先述の家賃保証も、不動産会社ごとに内容が大きく異なります。空室保証は家賃相当額に対してどれくらいの割合が支払われるのか、免除期間の有無やその長さはどうかなども賃貸借契約書を詳細に見てチェックすべきです。入居者とのトラブルで多い、賃料延滞に関しても保証がありますが、延滞保証もやはり不動産会社ごとに内容に相違があるので要注意です。また家賃の減額に関しても、サブリース契約を結ぶ場合は気をつけたいポイントです。物件が古くなると入居者を確保するため家賃の減額が行われるのがサブリースです。その減額設定についてもよく確認して、納得した上で契約を交わす必要があります。