婦人

効率よく利益を得るなら早めに買取り|収益物件で失敗しないコツ

空室リスクを下げる

説明

不労所得として、マンション経営は広く活用しています。空室リスクはありますが、一括借り上げサービスを受けることで解消できます。収益の安定化が図れる上に、専門的な不動産管理に基づくサービスを受けて資産価値の損失軽減に役立ちます。

読んでみよう

住む場所の価値

電卓と硬貨

家賃相場は土地の価値で変わってきますが、基本的に田舎であれば安く、都会であれば高いです。その中でも繁盛している地域はさらに跳ね上がります。都市に住むときに安く済ませるため低層階を避けるなどいろんな方法がありますが、重要なのは背伸びをして無理に家賃相場の高いところを選択していないか考えることです。

読んでみよう

儲けを出すために

模型

どういったものか

不動産物件の中には、収益物件と呼ばれるものがあるのですが、これは平たく言うと黒字が見込めるマンションやアパートを指して言います。つまり買取っておけば、かなりの確率で儲かるわけですから、誰もが収益物件が欲しいと望むわけです。すると需要と供給のバランスで、買取りたいと考える人が多いと、必然的に値段が上がっていく傾向にあるため、そのあたりは慎重に選んでおきたいものです。また、効率的に収益物件の情報をこまめに収集しておくのがポイントで、売りに出しているオーナーさんの中には、あまり大っぴらにしたくないという場合も珍しい話ではありません。そのような収益物件をいち早く買取るためには、不動産会社に足繁く通って話をしておくに限ります。

飛びつかないことがコツ

先にも触れましたが、収益物件を買取っておくと利益が出ますから、数人で競い合うことになるのが普通です。すると知らないうちに高値につり上がってしまうことがあるので、一度冷静になっておく必要があります。いくら収益物件だったとしても、その価値に見合わない額で買取ってしまうと元も子もないからです。誰かと競合したのなら、その時点で潔く身を引くというのも、時には英断となることもあるのを覚えておきましょう。また、収益物件の中にはすでに空室ができ始めている、もしくは店子の何人かがその年に契約が満了するといった場合があり、これでは買取ってすぐに借り主が出て行ってしまうことになるため、事前の調査をしておくと防げます。

経営に積極的に参加する

相談

空室を出さないための工夫は、サブリースの成功に寄与します。大家が積極的に経営に参加し、サブリース会社を吟味したり適正な家賃設定をすることも大切です。またサブリースは家賃保証の内容や家賃の減額設定にも注意を払っておきます。

読んでみよう